現在地はココですよ!

いまどこナビ: ジンギスカンのあんべホーム > マメ知識 > なんで遠野名物なの?

なんで「遠野名物」なの?

「ジンギスカン」が遠野名物ってご存じでしたか?
でも、なぜ「遠野名物」なのでしょう?

ジンギスカン

「ジンギスカン」というと北海道を思い浮かべる方がほとんどだと思いますが、我がまち遠野でもその歴史は古く、50年近くも前から羊肉が「ジンギスカン」という形で食されてきました。

今では、市内スーパー店頭でも生の羊肉が売られるようになるなど、遠野に住む人にとっては、とても身近な料理になっています。

遠野では、『今日は焼き肉やるか!』イコール『今日はジンギスカンやるか!』といっても過言ではありません。


創業当時の当店

そんな「ジンギスカンの街」遠野で、そしておそらく岩手においても最初に一般に紹介したのが、当店の<初代>安部梅吉なのです。

初代は戦時中に満州で食した羊肉料理をぜひ故郷に広めたいと、帰国後、昭和30年頃からお店に羊肉を出しはじめました。当時、遠野はもとより岩手、ひいては日本全体でも羊肉を食する習慣がほとんどなく、「羊の肉食ってんのか?」と指をさされ笑われたこともあったそうです。

しかし、初代が試行錯誤の上に作り上げた、羊肉と相性の良い自家製タレがクチコミで徐々に評判となり、やがて店には長い行列ができるようになりました。


創業当時の羊飼育の様子

輸入羊肉は、近年でこそ非常に高品質なレベルにありますが、当時は冷蔵・冷凍技術が未発達で、輸入物といえば低品質な冷凍マトン肉が主流でした。しかし、遠野ではどこの民家でもホームスパン用に羊を飼育していたため、輸入に頼ることなく新鮮な食材が調達ができたことも、爆発的なジンギスカンの普及にひと役買いました。

そして、いつしか遠野は一人当たりの羊肉消費量で北海道と一、二を争うほど、ジンギスカンが盛んな街となったのです。これらを考えてみると、ジンギスカンを遠野名物にしたのは、羊肉の美味しさに気がついた、味に厳しいたくさんのお客さまご自身だった、と言えるのではないかと思います。

その後、遠野の綿羊はほぼ姿を消してしまいます(食べ尽くしてしまったのです)。当店で扱う羊肉も全て輸入物となりましたが、地物から輸入物へと切り替える当初から、信頼でき品質の高い食材を提供してくれるパッカー/バイヤーとのみ提携し、お客さまに美味しいお肉をご提供し続けて現在に至っております。

また、秘伝の自家製タレも代々厳しく受け継がれ、現在まで、あんべの「顔」となっています。


遠野のジンギスカンバケツ

この様に、当店のジンギスカンは北海道のジンギスカンとは全く無縁ではじめられたものなので、お肉をタレに漬けたいわゆる”味付け”ではなく、焼いたお肉をタレにつけて食べる”後付け”が食べ方の基本となっています(もちろん味付けにしても美味しいですよ)。

また、当店秘伝のタレも、恐らく他地域のタレとは全く趣が違う、独特な風味であると思います。ぜひ一度ご賞味ください。


北海道には北海道ジンギスカンの元祖の店があるように、当店は遠野ジンギスカンの元祖の店として、これからも伝統の味を守り続けてまいります。

お買い物
マメ知識
インフォメーション

あんしんクレジットカード決済システム

J−FEC
財団認証企業コード104078

<ジンギスカンのあんべ>は、一般財団法人 日本電子商取引事業振興財団(J-FEC)の会員として同財団法人の活動を支援しています。

推奨ディスプレイ解像度800x600です

ie6.0用にデザインされています

日本語のみ対応しています